So-net無料ブログ作成

vol.1_1993年救済[REDEMPTION]  [裁判に関して。。]

コチラの本は出版されている事は知っていましたが、
既に西寺郷太氏の「マイケルジャクソン」であらすじは知っていたし、
ファンになった当初「2005年マイケルジャクソン裁判」←過去記事コチラから
を、読んで体調不良になり7kgも痩せてしまった経緯があったので、
この本を読むのが怖くて買うのを躊躇していましたが、
この本のレビューを読むと「2005年マイケルジャクソン裁判」と
セットで読んだ方がイイと書いてあり、ついにポチッたのですが。。
まさかこの裁判中に届くとは・・・(汗)
Dangerous world Tourの真只中に起きた裁判。

救済_2.jpg
児童性的虐待疑惑(1993年)の真相
原告側の偽証を暴き、Michael Jacksonの無実を「証明」する!!
そして西寺郷太氏の「マイケルジャクソン」のあらすじでは、
載っていない詳細に愕然としてしまいましたが・・・
マイケルファンならばどうやってMichaelが陥れられて、
和解金を払う事になったか是非本書を読んで欲しいと思います。

本書より抜粋☆
著者の紹介”ジェラルディン・ヒューズ” 寺尾和子 訳
1993年、Michaelが13歳の少年(原告)とその父親エヴァン・チャンドラーから
性的虐待で訴訟された時、著者のヒューズは法務秘書として、原告側代理人である
バリー・ロスマン弁護士のもとで働いていた。

ロスマン弁護士事務所内で秘かに進められていた
マイケル・ジャクソンから金を強請る為の陰謀」の
一部始終を目撃していた著者ヒューズは、
その情報をマイケル・ジャクソン側の調査担当官に渡した。
しかし、Michael側弁護士の変更に伴い、
この民事訴訟は和解という形で終結したため、
これらの情報が公になることは無かった。

「このままでは、マイケル・ジャクソンは人々の心の中で
有罪』の印を押されたままになってしまう」、
「この訴訟が何故和解という形を取らざるを得なかったのか、
その理由を是非多くの方に知ってほしい」との強い意志から、
意を決して本書を世に送り出すことにした。

まず登場人物です。
[民事訴訟]
原告側
13歳の少年、父親エヴァン・チャンドラー、母親ジューン・シュワルツ(元妻)
〈最初に担当〉
弁護士 バリーロスマンス(民事)
〈途中から担当〉
弁護士 ラリー・フェルドマン(民事)

被告側
マイケル・ジャクソン
〈最初に担当〉
私立探偵 アンソニー・ペリカーノ
弁護士 パートラム・フィールズ(民事)
〈途中から担当〉
弁護士 ハワード・ワイツマン(民事&刑事)
弁護士 ジョニー・コクラン・Jr(民事&刑事)
  
[刑事捜査]
〈カルフォルニア州 地区検察局〉
・サンタ・バーバラ地区首席検事 トーマス・スネドン(D.S.)←こちらから!!
・ロサンゼルス地区首席検事 ギル・ガルセッティ

〈連邦〉
FBI
なんでFBIまで?!!ナニがどうなってこの事件にFBIが出てこなアカンの??
マジでありえんわ~( ̄^ ̄)

訳者の寺尾和子さんが経時的にまとめた表を抜粋。
1992年5月
Michaelの乗った車がLosのウイルシャー大お通りで故障。
デイヴィッドのレンタカー店にてMichaelは彼の大ファンという少年に会う。
1993年3月
Michaelはその少年と母親ジューンに豪華なプレゼントを贈ったり
その少年の家に泊るようになる
1993年5月
少年の元父チャンドラーがMichaelに自宅の増築をMichaelに持ちかける。
Michaelがここから疎遠になったこと、そして
Dangerous world Tourにジューンと息子が同行する事を知って激怒する。
1993年7月
チャンドラーが息子の現父のディヴィッドに電話。
「もし自分が要求しているものを入手出来なかったら皆殺しになるだろう」
1993年8月4日
チャンドラー、13歳の息子、マイケルの私立探偵のペリカーノ、マイケルの4人は、
話し合いの為ウエストウッド・マーキス・ホテルに参集。
チャンドラーはマイケルに疑惑について公表しない代わりに$2000万を要求。
会合は決裂。
1993年8月9日
ロスマン弁護士事務所にてロスマンとペリカーノが交渉。
Michaelはチャンドラーと息子の時間を奪ってしまったとの理由から
親子で映画製作できるようにと$35万支払う用意のあることを伝える。
1993年8月13日
ロスマン弁護士事務所にてロスマンとペリカーノの最後の交渉が行われる。
交渉は決裂。
1993年8月17日
チャンドラー、13歳の息子を精神科医へつれていく。
マイケル・ジャクソンに対する児童性的虐待疑惑の捜査が開始される。
疑惑に関する極秘情報が児童福祉局からメディアに漏れる。
1993年8月23日
児童性的虐待疑惑の訴訟が世界中にニュース速報で報道される。
1993年9月14日
チャンドラー側弁護士フェルドマン民事訴訟を提訴
1993年11月12日
ペプシの時の火傷後で鎮痛薬を飲むようになる。
dangerousツアーの前にも頭皮再生手術を受け鎮痛薬を処方された。
刑事捜査の開始、民事訴訟の提訴など心労が重なり鎮痛薬依存症になり
薬物依存症の治療の為に入院。
担当医よりワールドツアーをキャンセルするよう勧められる。
1993年12月13日
和解に向けて交渉開始
1993年12月22日
英国で鎮痛薬依存症の治療を受けてネバーランドにから中継で
「サンタ・バーバラ保安官から陰部も含めた身体検査を余儀なくされ
膨大な枚数の写真を撮られた」と
マイケルにとって非常に屈辱的なことであったか悲痛な胸のうちを語った。
(少年がマイケルの性器を含む体の特徴を保安官報告していた為証拠を探した)
マイケルはサンタ・バーバラ郡保安官による行為を
「非人間的で、」
「僕の人生において最も屈辱的な、耐えられない酷い試練だった」と述べた。
1994年1月27日
和解成立
☆実際はMichaelの意志とは無関係に、
彼の保険会社が訴訟終結の為に和解金を支払った事が
2005年の刑事裁判でマイケル側弁護士団の提出した書類によって
明らかとなった。

チャンドラーの強請りの録音テープの証拠もあり
始めからチャンドラーの強請り目的とわかっている事件なのに、
何故Michaelが検察から有罪のような扱われ方をされたのかが納得出来ない。
Dangerous world Tourでマイケルが居ない事がわかっていての家宅捜査。
ありとあらゆる陰部の写真まで撮られて。そしてFBIって・・・



0:03~3:00 Black Or White
3:00~10:05 Will You Be There   by MJFAN_Mithuruさん
Black Or Whiteの歌詞を改めて読み直すと、
既に1991年ごろには、こんな世の中は
もううんざりだと痛切に叫んでますね…

Will You Be Thereの最後のMichaelの言葉が辛すぎる。
僕らが最も暗い時間を過ごす中、
僕が最も深い絶望の底にいる時、
君は僕を気にしてくれる?
僕のために、そこにいてくれる?
僕の試練や苦難の中でも、
疑いや不満を超えて。
僕の気持ちが荒れて、
僕が不安定でも、
僕の恐れや懺悔をものともせず。
僕がいかに痛みに苦しんでいようとも、
僕の喜びと悲しみを超えて。
違う明日がやってくると信じて。
僕は決して君を僕から離れさせない。
だって君はいつも、僕の心の中にいるから。

(訳:大西恒樹)

天使5.jpg
Justice for Michael !

vol.2_1993年救済[REDEMPTION]”につづく!!

nice!(1)  コメント(13) 

nice! 1

コメント 13

まみ


恥ずかしながら当時ほとんどマイケルの事を知らなかった自分は、『和解』に疑問を抱いていました
なぜ和解? なぜ悪い事してないのならお金を払うの? って
そして少なからず偏見の眼差しをマイケルに向けていた一人でした
激しく反省

なんでマイケルこんな目にあうんだろうね(T_T)
そんな思いをハロウィンのカードに託しました

 
by まみ (2011-10-06 16:19) 

Hitomi

アメリカの裁判って日本とかなり違うんですよ。時間、労力、弁護士費用もすごくかかります。何よりも精神的ににまいります。で、民事裁判の場合は大体、和解になります。ゆすり、たかり屋に目を付けられたマイケルが気の毒です。和解してささっと縁を切って仕事に打ち込みたかったのでしょうが、それが事例になってさらに次のたかり屋家族のターゲットになってしまったのか。。。
FBIはマイケルを反政府の指導者として警戒していたのではないでしょうか。ノーベル平和賞の候補になったり、これだけマイケルの発言や言動が世界に影響を及ぼすのはアメリカ国家の体制をも揺るがす可能性があると観たんだと思います。えってファンの私たちは思うけど、FBIはマジにそういうことを調べる組織です。となんかの本で読みました。
マイケル、あなたはホントに美しい人です。
We love you Michael...forever...
by Hitomi (2011-10-06 19:44) 

jwmn

七キロも!?
そんなショック受けたんだね…
私読んだ事ないや。
色々書いてあるんだね!!
Michaelの真実を知るために私も読みたいな\(^o^)/
by jwmn (2011-10-06 21:55) 

megune

Augちゃま♫

この本も読んでて途中で
とても辛くなって一時読むのを
やめたくらいです。

マイケルは何一つ
悪い事なんてしてないのに…
なんであんなに酷い目にあわなければ
いけなかったのかな…
マイケルの純真な気持ちを利用して
陥れようするなんて!

チャンドラー親子 その弁護士 警察 スネドン FBI
グルになってるかのような
マイケルへの扱い…有り得ないわよね!


by megune (2011-10-06 22:07) 

エクリュ

Augさん、こんばんは。
この重いテーマを、なかなか掘り下げるのはきついよね〜。
昨日もコメしようと思ったけど、PCの前で固まっちゃっいました。
私、この本読んでないけど、この辺りのこと、去年か一昨年、TVの再現ドラマでやったよね。そっくりさんで。
それは割とちゃんと作ってた気がする。

アメリカの警察や裁判所って、こんなにむちゃくちゃなの?
だれがどう見たって、マイケルがゆすられてて被害者なのは一目瞭然なのに、なんであんな事になるのかギモン!
正義って何?と問いかけたくなる。
「なにが何でもマイケルを犯罪者に仕立て上げたかった」人達、がたくさん居たんですよね。
スネドンをはじめとして。

マイケルが亡くなった後、MTV、CNNJ,FOXTVなどで、マイケルの追悼ドキュメンタリーを何本もやってたよね。
追悼本もいろいろ出たし。

裁判で無罪がはっきりしたのにも関わらず、いまだに(その時点での今だに、です)マイケルを「本当のところはどうだったのか」みたいな扱いの物がけっこうあって、かなり不愉快な思いをさせられました。
日本のTVでもあったと思う。
本人のみぞ知る、みたいな。

本当に無責任!
追悼といいながら、マイケルを侮辱するなんて!
FBIも、マイケルが亡くなるまで、調査してたんじゃなかったっけ?
で、何も出て来なかった、って発表してなかった?
当たり前だ!っちゅ〜の!
(あ〜、naoちゃんならさくさく証拠記事をupできるのに〜!)

こんなにひどい目に遭い、ひどく傷つきながらも、世界平和を願い私達に愛を与え続けてくれたマイケルは、なんて強い人だったんでしょうね(涙)

私達は、マイケルのファンであることを誇りに思います!!よね♪

今日はちょっと憤慨しちゃったかも。
ごめんね!
by エクリュ (2011-10-08 00:35) 

エクリュ

Augさん、今おくったコメント、内容だいじょぶだったかなぁ。
もし変だったらUPしなくていいです。
だんだん不条理に腹立たしくなりながら書いちゃった。
だいじょびかな?
by エクリュ (2011-10-08 00:40) 

あ〜さ〜ちゃん

ああ~~~
私も辛すぎて途中で読むのやめちゃってる・・・

by あ〜さ〜ちゃん (2011-10-08 01:33) 

Aug

まみちゃん♡
アタクシも和解=罪を認めたと勝手に解釈して
Michaelって幼児虐待したんや・・っと思ってました。
本当にお恥ずかしい。
だいたい、世界中のメディアがMichaelを陥れるために
こんな酷い動きをしていたなんて一般peopleは知らないぢゃ無いですか(汗)
うん、あたしも今激しく反省している一人です!!
一人でも多くMichaelに対しての偏見、誤解を解いていきたいよね。。難しいけどね(汗)
未だに我がダーはMichaelの事を幼児愛者とか言ってくるので
今度いわしのつみれ汁に毒を盛っておこうと思います(((*≧艸≦)キャハッ❤
ハロウィンのカードメッセ贈ったんやwwあたしはsandyさんに
直接メッセと寄付金送ったけどkumiたんのメッセはどうしよう(汗)
by Aug (2011-10-08 22:06) 

Aug

Hitomiちゃん♡
アメリカと日本では裁判そんなに違うんですか??(汗)
民事裁判はだいたいが和解なんだ。。

本当にね、何度も何度も強請られて
しかも強請りとわかっていても世界中のメディアがMichael潰しになってるって集団いじめに良く似た絵図ですよね。

わたしもそうなんだろうな。。って思ってました。
一生涯ずっと平和を訴えて来て影響力もあるから狙われたんだろうなと・・・
いや、まさか??とは思わんね。やっぱりかって納得してしまいます。
”We love you Michael...forever... ”me too♡♡

by Aug (2011-10-09 01:29) 

Aug

jwmnちゃん♡
そうなのよ~7kgも痩せてカリカリで階段登る体力も無くて
大変やったし(汗)
2005年のMichaelジャクソン裁判は本当につらかったな・・

是非、Michaelの真実を知る為に読んでみてね!!
で、読書感想文書いてねw
by Aug (2011-10-09 01:39) 

Aug

meguneちゃん♥
そうだよね~裁判の真実の本は辛いよね。
アタシも出来る事なら買いたく無い本やったけど
ファンであるなら真実を知らねばと思い買いました。

ね、本当根深い物があるよね。
尋常ぢゃ無いもん、チャンドラーに関しては殆ど調べず
Michaelは身体検査で写真まで撮られる差別やんね。
法律を扱う側が権力を利用してそんな差別していいのか??怒
マーたんは生涯最前線で戦う兵士と一緒。
身を削って世界中に平和を求めて・・悲しわ。
by Aug (2011-10-09 10:02) 

Aug

エクリュさん♡連投アリガト~!!
内容全然OKですwそれぐらい怒って貰った方が楽だよ。
PCの前で固っまちぃましたか??だよね・・
うん、再現ドラマ見たけど裏で検察側がこんなに酷い動きを
していたのは再現されて無かったよね!!

うん、本当になんで??って思う。
そ、そ、未だにアメリカメディアも今回の裁判のMichaelの肉声についても「子供の時の父親からの虐待で幼児愛者になったんだろう」って。何ぃぃぃぃ!!!!!
バカ野郎!!Michaelは幼児愛者ぢゃ無い!!ムッチリオチリが大好きな普通の人よりエロぢゃ!!!!!
と心で叫んでました。
本当ね、強靭な精神を持って戦ってきたけどやはり一生涯ずっとメディアから笑いものにされウソばかりニュースにされていたら
精神安定剤も飲むようになっていたし、睡眠障害にもなっていて
全く眠れなくなっていたし身を削って世界中を平和にしようとしていてとても辛いです。
今は天国では幸せで居てくれていると信じています!!
Michael あらびゅもっ♡
by Aug (2011-10-09 10:17) 

Aug

あ~さ~ちゃん♡

この本辛いけどマーたんの為に目を背けずに
読んであげてね♡
by Aug (2011-10-09 11:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。